So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ブログ引っ越ししました。 [東北復興支援]

より見やすく情報開示できるようにブログを引っ越しいたします。
下記をクリックしてジャンプして下さい。
今後ともよろしくお願いいたします。[カメラ]

Photo-Kizuna-Project

今後ともよろしくお願いします。

中川画伯

NYに帰られた中川画伯から新しい写真が送られてきました。


mail.jpeg
滝の周りは犠牲になった方々のリストが書かれています。

mail-1.jpeg
1776フィートの高さ(アメリカ独立の年にちなんだ高さです)で、フリーダムタワーと言います。アメリカで一番高いビルになります。

先日の9.11で10年を迎えました。



その他の取り組み **その2** [東北復興支援]

9月29日(木)より西町インターナショナルスクールの中学生と一緒に
写真保存のワークショップを行います。
週1回のワークショップです。

2.JPG
劣化が進みすぎないよう汚れたアルバムからはがし

_MG_0003.JPG
丁寧に洗います。

12月まで毎週行われます。

この機会を作るため尽力下さった上智大学のDavid先生ありがとうございました。

その他の取り組み **その1** [東北復興支援]

中川直人画伯のProject
『被災地 希望 1000人のポートレート』と
Photo-Kizuna-Projectがお預かりしている津波により
被災してしまった写真の合同アート展を計画中です。

中川画伯はちょうど50年前、飯野海運の貨物船に乗り
海を渡り現在もNYに在住しておられます。
今回の帰国では宮城県と岩手県をまわり被災した方々、
そして被災地にて尽力をつくされた方々のポートレートを描かれました。
今現在600人を越えるポートレートが完成しています。

和尚さんブログ用.jpg
山元町の普門寺 ご住職と中川画伯

供養塔ブログ用.jpg
ご住職は津波で更地となった大地に壊れかけた本堂を再建し
津波で倒れた墓石を台座に戻し、流失してしまった
お骨を拾えなかったので砂ごと大きな山をつくり供養しています。
私がお邪魔した時ちょうど
『大好きだったおじいちゃんのお墓を元通りにしてくれてありがとうございます』
と青年が訪ねてきました。ご住職は青年に
『たとえココが立ち退きになっても退かない。盗るなら私を殺してから行きなさい。
そう言う覚悟ができています、私はこの寺を守り抜く。』
と力強く優しく語っていたのが印象的でした。

いちご農家のお母さん.jpg
いちご農園のお母さん。何があっても母は強しです。

中川画伯はこの他にチャリティオークションのための
『有名人100人のポートレート』にも取り組んで
いらっしゃいます。

中川画伯&井上あずみ.jpg
彼女は天空の城ラピュタの『君をのせて』となりのトトロ、さんぽを
うたっている井上あずみさんです。震災後AMラジオでは一日に何度もかかり
子ども達を励ましました。

写真保存にご協力いただいている方々のご紹介です。 [東北復興支援]

まず最初に、拾得物か廃棄物か?個人情報なのか?未曾有の大震災で判断に揺らぎ東京に写真を送り出すことなど考えもしなかった時期に一個人でしかなかった私を信用し写真を送り出して下さいました
雄勝町と女川町の町役場の方に感謝いたします。町の皆さんのために大切な思い出のつまった写真をなんとしてでも残そうという役人としての姿勢を大変たのもしく思います。
今では本当にたくさんの皆様が関わり作業を進めてくださっています。
iphone/image-20110803002941.png

ご協力いただいている方々(順不同)
TRON ManagementスタジオD21代官山スタジオ、 
スタジオロフトインタースタジオスタジオエビス
パオラスタジオスタジオフォボス(株)ツナガリ
鶴田直樹様、坂上俊彦様、井出隆文様、ミズカイケイコ様
ボランティア とどけ隊TCK東京カラー工芸社大浦祐介様
牧田良輔様、エンラージメント
笹口写真事務所

そして洗浄を手伝って下さった宮城大学の皆さん、避難所になっている体育館にマッサージに行っては写真をピックアップし東京まで送ってくれたNPOヒューマンタイズ、がんばろうカフェに来て下さった皆さん、事務局まで来ていただいた皆さん
ありがとうございました。

最後にそれらを直接届ける手助けをして下さったTeam TAKI-Volunteerの皆さんありがとうございました!!

まだまだ続きますが皆々様よろしくお願いいたします。

雄勝町に洗浄し整理した写真を届けました。 [東北復興支援]

2011,9,11この日は大震災から半年。雄勝中学校は廃校、期日未定で取り壊しが決定しています。子ども達は久しぶりに学び舎に終結。黙祷後、30年間お世話になった校舎にお別れの雄勝太鼓を打ち鳴らしました。
雄勝太鼓.jpg

町には至る所に震災当日と同じ風景が広がります。
津波によって公民館の屋根に打ち上げられたマイクロバスが今でも残っています。
雄勝バス.jpg

そんな雄勝ですが復興に向けて突き進んでいます。

町役場に東京のボランティアの皆さんが手伝ってくれた洗浄済みの写真を届けました。
今まで展示室にあった写真をアーカイブ化のため持ち帰りました。
届けた分は早速本日から公開開始しました。(役場の方が写真を送って下さいました。)
雄勝.JPG

直接雄勝に写真を届ける機会を与えてくれ、展示物の撤収も手伝ってくれました
チーム炊きだしボランティアの皆さんありがとうございました!

緊急募集です! [ボランティア]

FUJIFILMさんからポケットアルバムをいただきました!
つきましては、9/11に雄勝町で行われますイベントに間に合う様に
複写が終了している分だけでもポケットアルバムにつめて届けたいと思います。


image-20110905154200.png

これから毎日、Photo-Kizuna-Projectの事務局にて行います。
10:00より夕方までオープンしますので、ご都合の合うお時間にお手伝いいただけたら幸いです。
また、その際に新たに雄勝町より届いている写真の複写またはスキャニングを
お願いできる方がおりましたらお申し出ください。

(社)Photo-Kizuna-Project
場所 東京都世田谷区下馬1-25-18
(有)笹口写真事務所内
   笹口さおり
電話 070-6644-0311

時間10時〜17時頃まで

渋谷からバス 
22番乗り場 渋32    【野沢龍雲寺循環】渋谷駅
23番乗り場 渋33    多摩川駅
23番乗り場 渋34    東京医療センター

で、『下馬営業所』下車(ちょうどセブンイレブンの前です)
ふるってご参加下さい!!




がんばろうカフェ終了しました。 [ボランティア]

8月28日(日)がんばろうカフェ開催しました。
1.jpg

会場と同時に黙々と作業が始まりました。
ヨ.jpg

4箱にぎっしりのアルバム写真の洗浄が終りました。
乾かす.jpg

今回、50人もの方々に来ていただきお手伝いいただきました。
本当にありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします。

今回会場を汚さないように下にひかせていただいたセットペーパーは
スタジオFOBOSさんから提供していただきました。
http://ameblo.jp/smilepaperproject/
その他いろいろ差し入れいただいた皆さんありがとうございました。

Ganbaro cafe [ボランティア]

"There are millions of photos and photo albums that have been washed away by the tsunami and buried under debris. Rescue workers and volunteers have unearthed them and trying to clean, restore and possibly return them to the owners, hoping they are alive. Although these damaged photos originally carry happiest moments of the lives of the people before 3.11, now they look devastating yet very touching (see attachments).
IMG_0765.JPG

A group of photographers and photo studios in Tokyo, led by Ms. Saori Sasaguchi, have been receiving boxes of photos and albums from the Tohoku, and working on restoring them by creating digital archive and re-touching of the photos. They are now inviting volunteers from greater Tokyo area, who might be interested in being involved in rescue works, otherwise had not yet opportunities to leave Tokyo for Tohoku, to help them dust out the photos.

On Sunday afternoon August 28th, an American owner of the ANX Studio in Ohashi near Shibuya, Mr. Danny Kirschenbaum, will host “Volunteer Event Ganbaro Café” at his studio. The event will be open to anyone from 12:00 to 20:00pm with music and drinks, and intends to share opportunities to see the devastating photographs, think about victims and to familiarize how to participate in the cleaning project.

I am contacting you because I very much like foreigners in Japan, to be aware of this type of humanitarian volunteer opportunities. Foreigners in Japan may not usually have many chances to be involved in volunteer works, even before Tohoku disasters. In this project, many Japanese rescue workers and volunteers have already gotten very serious and even emotional when they were working on cleaning photos. Photos show the dearest part of human live, and working on cleaning them (sometimes the photo image fades away if they mistakenly pour too much water) often make them very seriously committed.

I would like to see Americans working on rescuing photos of Japanese ordinary people. I believe this is a wonderful type of ‘face-to-face’ exchange program and perhaps make another “Tomodachi campaign”. If you and your staff would be interested, please contact Ms.saori SASAGUCHI atPhoto-Kizuna-Project and share this information with foreign communities in Tokyo.

Thanks for your interest. See you, possibly, on 28th!"

Date: 2011.8.28 (Sun)
Time: 12:00 to 20:00
Location: Building 2F, 1-6-4 Sakamoto, Ohashi, Meguro-ku, Tokyo ANX STUDIO
Map:
7 minutes walk from Ikejiri Denentoshi Line
15 minutes walk from nakameguro station Tokyu Toyoko Line
Shibuya Tokyu Bus Stop from 33 "to No. 41 Oimachi iki" ride "Bridge" stop stop, walk 1 minute

Admission: free free participation

Bring: mask marks not cloth gloves
Old toothbrush (to clean up the sand with a photo)

Number of gloves * mask, again, a little preparation, but we will pay.
Also somewhat old toothbrush* Please bring your own cloths as possible will be prepared here.




photo-kizuna-project English ver [ボランティア]

Organizer* photo-kizuna-project

In early spring, on March 11, a major earthquake that was so unprecedented as to be described as a once-in-a-millennium event occurred in Northeastern Japan.
Based in Tokyo, we of photo-kizuna-project have called upon photographers, photography studios and photographic laboratories in the capital to assist in the preservation and restoration of the photographs of the memories of those affected by the disaster that were exposed to the tsunami, and have obtained their agreement to do this.
As a volunteer member of the project we first visited the disaster countermeasures center at Yamamoto-cho, a seaside town in Miyagi Prefecture. A large number of albums and photographs that were found during the rescue efforts have been placed in storage, but as day-to-day rescue and reconstruction activities are being prioritized, the reality is that they cannot deal with things like photographs locally. Consequently, although the photographs are being stored by the various municipal governments, we have discovered the fact that every minute of every day, the color is disappearing from these photographs because of the effects of seawater and mud.
朽ちたアルバム.JPG

I am constantly working with those in the fields of advertising photographs and video images, so I believe that we should not allow people’s memories, such as photographs of lost family members and photographs of the town, to vanish, and I feel that this is a good opportunity for us to offer our time and skills.

Even now, there are still areas remaining that lack even water for washing in because there are too few volunteers to do the necessary work, so in collaboration with the Sendai-based NPO Human Ties, we are serving as an intermediary for the photographs that they are sending on from the disaster-struck areas. Then, we clean the photographs and turn them into electronic data files by duplicating them.
At the same time, we are doing volunteer work focused on retouching photographs, posting notices to advise that we will restore the photographs of memories that have already made their way back into the possession of those affected by the disaster.
At Photo-kizuna-project, we are currently focusing our activities on two areas: if we do not know who owns the photograph, we turn it into an electronic data file so that it can be passed on subsequently, and we also retouch photographs so that you can see the smiles of those who have been subsequently struck by disaster.



In order to ensure that people can see the photographs of their memories in a few years from now, once they can bring themselves to look at them, we will set our sights on the disaster-affected region as a whole in striving to ensure that photographs of such things as town festivals and views of the town that have disappeared due to the tsunami can be bequeathed to everyone as an asset, to avoid regrets about vanishing photographs.
We have been impressed by the people of NY, who got together in the immediate aftermath of the Great East Japan Earthquake to pray for Japan and were kind enough to undertake charity activities. We would really like to hold a photography exhibition so that the people of New York, who constitute a mixture of many different ethnic groups and hold their heads up high as they go in the right direction, can find out about our initiative, viewing the current state of the photographs and looking at the children who are heading towards reconstruction.

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。